トップページ > 在学生より

在学生より…

先輩たちが語る、医療経営情報学科の実態?!

医療経営情報学科には平成20年4月に第1回生が入学しました。まだまだ新しい学科のため、医療経営情報学科がどんな所なのかよく知られていないかもしれません。そこで、在学生の皆さんに医療経営情報学科についていろいろと話して頂きました。

平成21年度(2009年)入学・第2回生からのメッセージ

平成21年4月に医療経営情報学科へ入学した第2回生の先輩たちから、受験生の皆さんへメッセージを提供してもらいました。

受験前に思っていたこと、半年間のキャンパスライフで感じたことなど、先輩たちの言葉から医療経営情報学科の雰囲気を感じてください!

“医療人”って感じです。

医療経営情報学科2回生 菅原佑太(愛知県 春日井高校卒)


医療経営情報学科でまさか白衣を着るとは思っていませんでした。早期臨地体験として藤田保健衛生大学第3教育病院へ実習へ行く時に初めて白衣に袖を通し“医療人”になるという実感が湧きました。病院では職員の方や患者さんと接する機会があり、自分の将来の仕事が少し見えた気がしました。毎日の講義や実習が無駄にならないように頑張ろうと思います。まずは無遅刻無欠席で!

楽しんでます!

医療経営情報学科2回生
岡 大聖(三重県 暁高校卒)


“医療事務”と言うと女性の仕事というイメージが強く、入学するのも若干心配していましたが、このクラスは約半数が男子なので肩身の狭い思いをすること無く雰囲気良く楽しんで過ごしています。入学するまでは、医療系の大学になぜ“経営”と思っていましたが、半年過ごしてみて、ようやくこの学科の意味が少しずつわかってきました。そして、自分達が目指す将来の仕事は、医療現場から期待されていることも知り、在学中に多くの資格取得を目指そうと思っています。とにかく毎日忙しいのですが、楽しんでいます。


私、県外出身です。

医療経営情報学科2回生 加藤愛美(長崎県 長崎北陽台高校卒)


私は長崎県出身です。私の地元には医療経営情報学科のような医療事務の専門職を養成する4年制大学がありませんでした。受験まで愛知県に来たことも無く不安はありましたが、自分で見つけた将来の仕事のために、思い切って地元を出て一人暮らしを始めました。一番の不安要素だった“一人暮らし”も、いざ始まってみれば楽しいことも多く、今では充実した毎日を過ごしています。クラスには、私のように県外から来ている友達もたくさんいて心強いです。愛知県外の皆さんもたくさん来てくださいね。


充実した毎日です。

医療経営情報学科2回生
鶴田大祐(愛知県 昭和高校卒)


自分は高校時代ラグビー部に所属していたので、大学でもラグビー部に入部しました。医療経営情報学科にはラグビー部の先輩もいるので、入学当時から何かと相談にのってもらっています。2年生の先輩達とは廊下をはさんで教室が隣り同士なので、何か困ると相談に行き助けてもらっています。毎日、びっしり講義が詰まっているので、週に3日のクラブ活動でも両立するのは大変ですが、その分充実した学生生活を送れていると思います。何より1クラス37人なので、毎日一緒に勉強して、高校のクラスの延長のような雰囲気で、いい感じです。

平成20年度(2008年)入学・第1回生からのメッセージ

医療経営情報学科へは平成20年4月に第1回生が入学し、皆さんの先輩として、毎日頑張っています。そんな先輩方にに受験や大学での生活についてインタビュー形式で答えてもらいました。進路を迷っている方や医療経営情報学科に興味を持っている高校生の皆さんへのアドバイスになるとうれしく思います。 ※インタビュー横の似顔絵は、クラスの仲間がパソコンで描いてくれたものです。


愛知県・名城大学附属高等学校出身 T・Mくん(男性)にインタビュー

  • どうしてこの学科を選んだの?
  • 人の役に立てる医療の道に進むのがずっと夢だったからです。面接試験みたいですね・・・。

  • 高校時代は理系クラスだった?
  • 文系でした。好きな教科も“現代文”っていうくらい文系でした。それでも高校3年になった時に、どうしても医療系の大学に行きたくなって、色々調べたら「英語・国語・生物」で受験できる藤田を見つけたんです。

  • 文系だけど授業についていけてる?
  • 定期試験がまだなので何とも言えませんが(笑)でも、文系の子でもわかるように先生方が優しく、丁寧に教えてくれるので、そんなに心配することはないと思います。
    それに少人数クラスだから、わからないところはすぐに質問できるから、今のところ問題ないです。

  • 「医療事務職は女性の職場」ってイメージじゃなかった? 男子で選ぶには勇気がいったとか?
  • 確かに「事務職=女性」っていうイメージは強かったですけど、知り合いの医療関係の人に聞いてみたんです。そしたら、「事務職は女性だけの職場ではなく、多くの男性の方も働いているし、特に大きな病院になればなるほど、統括部門はほとんど男性だよ。」って聞いて決心しました。
    受験の時に、試験会場に男子が少なくてびっくりはしましたけど(笑)1回生の僕たちは、男子が4人しかいないのでこれから入学してくる高校生のみなさんには、是非男子にも来てほしいと願っています。クラスの中で肩身が狭いんですよ・・・。

  • 医療系総合大学のメリットは感じますか?
  • 医師や看護師など、その他多くの医療に携わる人が同じキャンパスで学んでいることで、他の職業についても理解が深められるし、今後のチーム医療に活かせるとは思います。
    特にクラブ活動なんかやっていると、いろんな学科の人と友達にもなれて面白いですよ。

富山県・南砺総合高等学校福光出身 Y・Sさん(女性)にインタビュー

  • 大学での生活はどう?
  • 楽しいです!教室が新しくてきれいで、広いので過ごしやすいです。あと、先生たちがフレンドリーなので楽しいです。

  • 何でこの学科を選んだの?
  • 診療情報管理士の資格がとりたくて、取得率がほぼ100%の藤田保健衛生大学短期大学を調べていました。そしたら、4年生大学になったと知って何の迷いもなくここを選びました。

  • 確か地方入試会場で受験してきたよね。
  • はい。石川県の会場で受験しました。愛知県まで行かずに、北陸地方で受験できたので楽でした。高校生一人で、愛知県まで受験しに行くとなると、やっぱり不安ですよ。お金もかかるし。

  • じゃあ、今は一人暮らしをしているの?
  • はい。最初は全部一人でやらなくてはいけなくて本当に大変だったし、ホームシックにもかかったけど、今はもう慣れて楽しんでます。

  • 入試の事で何か受験生にアドバイスしてあげて。
  • 医療科学部の中で、この医療経営情報学科だけが、国語を選択科目に選べることができるので、これは活用したほうが良いと思います。

  • では、最後に大学生活の魅力を伝えて!
  • 医療経営情報学科は4年制大学で、更に大学病院が隣接しているので、短期大学や専門学校ではできないような勉強や体験ができます。4年制大学とこれまでの短期大学と何が違うのか、漠然としかわからなかったけど、大学に入学して講義を受けたり、先生たちの話を聞いていると大学になった意味がよくわかるようになってきました。頑張らないといけないと思います。あとは、クラスが少人数なのでみんなすぐに仲良くなれるし、先生達も面白くて、毎日楽しいですよ(^◇^)!

愛知県・桜台高等学校出身 T・Nさん(女性)にインタビュー

  • 大学での生活はどう?
  • 講義が90分と長いから最初は戸惑ったけどだんだん慣れてきました。あと、アセンブリ活動が、同じ趣味を持つ他学科の子と交流できるので、意外と楽しいです。

  • ところで何でこの学科を選んだの?
  • 病院の事務職ってどんなことをするのか興味があったからですかね。

  • 新しい学科だったけど知ってた?
  • 元々、短期大学の医療情報技術科を希望していたから、ホームページを常にチェックしていました。だから、大学化して新たにスタートすると知って、更に魅力を感じたように思います。

  • 高校時代はどんな勉強をしたの?
  • 文系コースだったけど、医療経営情報学科は文系でも受験できるから普通に受験勉強していました。特に変わったことはしなかったと思いますけど・・・。

  • 入学試験はどうだった?
  • 私は推薦入試で合格したのですが、新学科だし過去問題が無かったので若干戸惑いました。でも英文問題は普段の勉強をちゃんとしていれば何とかなったので、そんなに構えなくても大丈夫だと思います。

  • では、大学の講義はどう?
  • 受験科目には困らなかったけど、さすがに入学すると理系科目は大変です。でも少人数クラスだから気楽に先生にも質問できる環境なので、今のところ問題ありません。

  • 最後に一言!
  • 受験生の皆さん頑張ってください。

ページトップへ

Copyright © Faculty of Medical Management and Information Science All Rights Reserved.