トップページ > 教育方針

医療経営情報学科の3つのポリシー(教育方針)

アドミッション・ポリシー(入学生受け入れの方針)

藤田医科大学医療科学部のアドミッションポリシーに基づき、医療経営情報学科では次のような人を入学者として求めます。

  1. 医学・医療、経営・管理、情報通信技術を融合する医療経営情報学の学修に必要な幅広い科目に関する基礎的学力を有している人
  2. 医療の仕組みに対して関心をもち、医療を必要とする人たちのため医学・医療の発展に貢献したい気持ちをもっている人
  3. 特定の科目に過大な苦手意識をもたず、自ら積極的に学ぶ意欲と能力向上の努力を継続できる人
  4. 医療に携わる多くの仲間たちと協調性をもってチームで活動するためのコミュニケーション能力を発揮できる人

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

藤田医科大学医療科学部のカリキュラムポリシーに基づき、医療経営情報学科では自らの専門性をもって医療の質向上のためチームの一員となって活躍できる人材を育成するため、以下のような指針に基づいて教育課程(カリキュラム)を編成しています。

  1. 医療人として必要な倫理観や態度を身につけた人材を育成する。
  2. 「アセンブリ」をはじめとした、医療人としての責任感と協調性、チーム医療に必須のコミュニケーション能力とプレゼンテーション能力を身につけた人材を育成する。
  3. 診療報酬請求業務、診療情報管理業務、医師支援業務に対応できる医学・医療の知識技能を身につけた人材を育成する。
  4. 医療情報システムの構築や管理に必要となる幅広い情報通信技術及び医療情報管理の知識と技能を身につけた人材を育成する。
  5. 病院がより質の高い医療を提供できるよう発展するために必要となる経営・管理の知識と技能を身につけた人材を育成する。
  6. 卒業研究では問題解決のため自ら探究する態度を身につけ、4年間の学習を総合して情報分析能力とマネジメント能力を身につけた人材を育成する。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

藤田医科大学医療科学部のディプロマポリシーに基づき、医療経営情報学科に4年以上在学し、授業科目より卒業要件を満たす単位を修得したうえ、卒業試験を合格した学生に『学士(医療経営情報学)』の学位を授与します。

卒業試験は下記の能力が身についていることを総合的に判断するものです。よって、医療経営情報学科を卒業し、学位を授与された学生は以下の能力を修得していることになります。

  1. 医療の質向上に貢献することができる情報分析能力やマネジメント能力を身につけている。
  2. 医療人としてふさわしい高い倫理観を身につけ、チーム医療の一員として問題解決にあたるためのコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を身につけている。
  3. 社会の変化や医療の進歩に対応して自らの専門性を発揮できるよう生涯学習を続ける意欲を身につけている。
  4. 医療経営情報学を修めた学生として、以下の専門性を身につけている。
    1. 診療報酬請求事務に関する知識と基礎的能力を身につけている。
    2. 診療情報管理士認定試験に合格できる知識と技能の水準に達している。
    3. 医療情報技師能力検定試験に合格できる知識と技能の水準に達している。
    4. 経営・管理に関する知識を医療に応用する基礎的能力を身につけている。

ページトップへ

Copyright © Faculty of Medical Management and Information Science All Rights Reserved.