トップページ > 学科長より

医療経営情報学科 学科長あいさつ

今、医療機関の今後を担う、経営・管理の エキスパートが求められています。

医療経営情報学科 学科長 M子 二治

現代の医療では、多岐にわたる膨大な医療情報を的確に整理し、これらを経営・管理に役立つよう迅速かつ効果的に運用できる人材が求められています。本学科は、このような高度な医療経営情報システムを担う人材育成の必要性から設立されました。 卒業までに目指す資格は診療情報管理士、医療情報技師などです。診療情報管理士は、「医学・医療」の知識を背景に、カルテ管理のエキスパートとして医療の質向上に貢献します。特に、診断群分類に基づく包括評価支払い制度(DPC/PDPS)への対応を担当し、種々の臨床指標、病院管理指標の算出・分析を行い、良質で効率的な医療を遂行するための医療情報の分析者として医療を支えています。 また、医療情報技師は、病院情報システムや病診連携のためのシステム構築、あるいは全国の医療機関との情報ネットワークの構築などの担い手となって電子カルテの開発などに活躍しています。 さらに、医療機関の経営方針・経営戦略の立案に参画でき、効率的な医療機関経営の改善・実施にあたることができるように、経営・管理に必要な諸指標の算出や分析法を学び、経営能力の基礎も身につけます。

現在、医療の質を向上させるためには、医療機関のシステム全体を管理し、状況を分析する『マネジメント(経営管理)能力』が必須です。 本学科では、医療機関の将来を担う人材、すなわち優れたマネジメント能力を持ち、情報通信技術、医学・医療の知識をバランスよく備えた医療事務職のプロフェッショナルを養成します。


ページトップへ

Copyright © Faculty of Medical Management and Information Science All Rights Reserved.