トップページ > 就職

医療経営情報学科の就職状況

厳しい就職事情の中でも、安定した求人が期待できます!

平成23年3月大学等卒業予定者

就職内定率、過去最低の60%割れ!

文部科学省及び厚生労働省の共同調査の結果、平成23年3月大学等卒業予定者の就職内定状況は、過去最低の57.6%(10月1日時点)に落ち込んだことが分かった。2008年以降の不景気が影響しており、「就職氷河期」を下回るほど厳しい就職環境になっている。

現在、新設学科である医療経営情報学科には3年生(第1回生)までが在籍しており、来年度に初めて4年生が誕生します。今年度(平成23年3月)は卒業生を送り出すことができないため、本学科では求人にお応えできないことを東海地区の医療機関を中心に連絡させて頂きました。しかし、それでも新卒者向けの求人が、全国より学生数を大幅に上回る件数届いている現状があります。これも、医療経営情報学科の前身となった短期大学医療情報技術科の卒業生たちが、全国の医療機関で活躍しているからこそと確信しています。

  • 平成21年度の求人件数
    医療系事務職(病院、大学、地方自治体)、医療系企業: 94件(求人数約250名)
    一般事務職(大学、地方自治体)※病院事務を含む場合あり: 36件(求人数約380名)
  • 平成22年度(11月25日現在)の求人件数
    医療系事務職(病院、大学、地方自治体)、医療系企業: 79件(求人数約290名)
    一般事務職(大学、地方自治体)※病院事務を含む場合あり: 49件(求人数約1900名)

高校生の皆さん、そしてご父母の皆さん。これから大学を選ぶとき、何をキーワードに選ぶべきか、もうお分かりですね。大学を卒業した後の見通しが無いまま時間とお金を費やすことについて、もう一度よくお考え頂きたいと思います。医療経営情報学科では、全国からの求人に対し、自信を持って送り出せる人間性豊かな人材の育成に全力を注いでいます。確かな実績と教育環境の整った医療経営情報学科にぜひお越しください。


手厚い就職対策で、100%の就職率をキープ。

“雇用不安”なんて感じない!

定員の4倍を超す求人数!

高い就職率

前身となった藤田保健衛生大学短期大学・医療情報技術科には、全国の医療施設等から学生数を大幅に上回る求人件数が届いており、大学病院、基幹病院などへ多くの卒業生が就職しています。就職率は毎年、100%を維持してきました。

就職グラフ

ページトップへ

Copyright © Faculty of Medical Management and Information Science All Rights Reserved.